滋賀県のインプラント | 西大津歯科医院

〒520-0025
滋賀県大津市皇子が丘2-10-27 西大津ISビル2F

Tel. 077-526-2696

mv

インプラントが
できないと言われた

骨が薄いなどで
他院で断られた場合

顎の骨が薄くなると、インプラントの固定することができないため、インプラント治療を行うことは難しくなります。 しかし、たとえ骨が薄い方であっても治療が不可能なわけではありません。インプラント治療を行うための骨に関する様々な処置を行うことによって対応できる場合もございますので、一度ご相談ください

骨がない方へのインプラント治療

骨造成(骨増生)とは、骨を増やす手術の相称であり、骨移植を含め様々な方法があります。術者の高い技術はもちろん、治療部位や残っている骨量によって適した方法は違ってくるため、適切な診断が求められます。

サイナスリフト

サイナスリフト

以前は、「上の奥歯は骨の厚みが足らないからインプラントできないよ。 入れ歯しかできないよ。」とよく耳にしたものですが、最近では再生医療が発展してきたため、こういった方でも新しく確立された治療法によりインプラント治療が可能になってきました。

サイナスリフトとは、上顎の臼歯部あたりの骨が薄くインプラント治療を選択できない方に、骨の厚みを作るため「上顎洞(サイナス)」洞底部に骨再生を施す最先端治療です。

サイナスリフトにより、インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚みを確保することができ、インプラント治療を受けることができます。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトを話題に出すと、セットでよく語られるのが「サイナスリフト」になります。サイナスリフトとは「上顎洞底挙上術(じょうがくどうていきょじょうじゅつ)」とも呼ばれています。

一言で言えば、上顎の空洞部分を上に押し上げて人工骨を流し込む形になります。ソケットリフトは、空洞部分に人工骨を流し込むため、ここに大きな違いがあります

サイナスリフトとの違い

サイナスリフトは、歯茎をめくって空洞部分を直接持ち上げることになるため、それなりに大きな手術になります。そのため、「ソケットリフトの方が負担は軽いから、サイナスリフトは時代遅れの治療では?」と感じてしまうかもしれません。当然の疑問だと思いますが、残念ながらソケットリフトも万能な治療法ではありません。

実は「骨の厚みが5mm以上なければソケットリフトの治療はできない」という条件があります。結果、5mm以下の場合は、否応なしにサイナスリフトという選択を取ることになります。このように、治療ができる骨の厚さにも違いがあることが分かります。

GBR法

GBR法は、インプラントを固定するあごの骨の高さや幅が不足している場合に行います。骨補填材を入れてメンブレンという特殊な膜で覆い、あごの骨が再生するスペースを確保します

ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーションとは、歯を抜いた部位に人工骨を入れて骨を再生させる治療法です。

CTG(結合組織移植術)

CTG(結合組織移植術)とは、下がった歯ぐきのボリュームを増加させるために、患者さん自身のお口の中から採った結合組織を移植する治療法です。