滋賀県のインプラント | 西大津歯科医院

〒520-0025
滋賀県大津市皇子が丘2-10-27 西大津ISビル2F

Tel. 077-526-2696

mv

様々な治療法

歯を失った際の選択肢

虫歯や歯周病で歯を失った方やスポーツや不慮の事故で急に歯を失ってしまった方は、その後3つの治療の選択肢がございます

インプラント

インプラントイメージ

インプラントとは、歯を失ってしまったところに、人工の歯の根っこ(チタン製)を埋め、その上に人工の歯のかぶせ物を取り付ける施術のことをいいます。

ブリッジや入れ歯と比較した場合、インプラントは天然の歯に一番近い構造を持っています。また、3つある治療方法の中でも「インプラント」は、周りの健康な歯に一番負担をかけにくいため、特にオススメの治療です。

入れ歯

入れ歯イメージ

入れ歯とは、何らかの原因で歯を数本失ってしまった部分に、数本の人工の歯を人工樹脂で連結したものです。健康な周りの歯または歯ぐきに、入れ歯を固定して食べ物を噛む機能を回復する方法です。

『入れ歯』は、3本以上の歯を失ってしまった場合に適した治療方法です。全ての歯がない場合は『総入れ歯』、部分的にない場合は『部分入れ歯』を入れます。入れ歯は、ブリッジと異なり取り外し式です。

ブリッジ

サンプルイメージ

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を削り、『失った歯と、支える両隣の歯の本数分を連結したかぶせ物』をはめて、失った歯を補う治療方法です。失った歯の本数が1・2本の場合に行う治療法です。

ブリッジは入れ歯のように取り外し式ではありません。歯は一度削ってしまったり欠けてしまうと元には戻りません。