滋賀県のインプラント | 西大津歯科医院

〒520-0025
滋賀県大津市皇子が丘2-10-27 西大津ISビル2F

Tel. 077-526-2696

mv

本数を抑えたインプラント

ALL-on-4

少ない埋入数で片顎を
補える治療法

all-on-4

オールオン4は、4本のインプラントで12本の歯を支えられるインプラントで、多くの歯を失った人に行われる治療です。

通常、多くの歯を失った人のインプラント治療では、埋入するインプラントの本数が多くなってしまうため、費用負担とともに、身体への負担が大きくなります。たとえば従来のインプラント治療では、片顎すべての歯を補うためには、約10本のインプラントを埋入しなければなりませんでした。

しかしオールオン4なら、4本のインプラントで12本の歯を入れられるので、埋入するインプラントは必要最低限の本数で対応できます。従来のインプラント治療に比べて少ない埋入本数のため、手術時間が短く、骨量が不足している人でも骨の多い箇所を選んで埋入できるため、骨移植なしで治療することが可能になります。

all-on-4

どんな人向けの治療?

オールオン4は歯が1本もない人向けの治療ですが、残り少ない人も歯の状態によっては抜歯をしてオールオン4をすすめられることがあります。歯周病や進行した虫歯などで近いうちに抜けてしまいそうな歯を無理に残しても、他の歯に悪影響を及ぼすことがあるからです。

また、数本残して多くのインプラントを埋めるよりは、抜歯をしてオールオン4にしたほうが費用を抑えられるケースもあります

メリット・デメリット

メリット

オールオン4のメリットとしてはやはり、インプラントの数を最低限に抑えられる点です。それに伴い、手術の回数や期間の短縮、そして治療費の軽減にもつながるため、肉体的にも経済的にも負担が少なくて済みます

また、骨が多い箇所を選んでインプラントを埋入できるので、骨の量が少ない人や骨質が悪い人でも骨造成をせずに治療が可能です。治療を受けたその日のうちに仮の歯を装着するため、歯のない期間がないことやその日から食事ができる点も大きなメリット。見た目の面でも美しいことから、精神的な負担も抑えられます。

デメリット

総入れ歯は保険が適用されますが、オールオン4は保険外診療。通常のインプラントと比べると安くなるとはいえ、総入れ歯と比較すると費用は高くなります。ほかには、歯科医師の技術力が求められること、骨質によって治療できないケースがあることなどが挙げられます。

また患者さん自身の歯が1本でもあった場合、その歯を抜かないといけないのがデメリット言えるでしょう。オールオン4は、高血圧症や心臓疾患等の循環器系疾患、喘息等の呼吸器系疾患、糖尿病や骨粗鬆症等の疾患、腎臓や肝臓の機能障害がある場合には注意が必要です。

服用している薬によっては、オールオン4が適さない場合もあります。口腔機能についてのみでなく、ご自身の全身について医師と相談されてから、オールオン4を選択されることをおすすめします。