滋賀県のインプラント | 西大津歯科医院

〒520-0025
滋賀県大津市皇子が丘2-10-27 西大津ISビル2F

Tel. 077-526-2696

mv

ボロボロの歯の治療

歯がボロボロでお悩みの方へ

虫歯が進行することによる
リスク

虫歯が進行するイメージ

歯を失ってしまう前に

虫歯を放置すると、歯の痛みはやがて激痛へと変化します。これは虫歯が神経まで進行したことが原因であり、神経の炎症によって激しい痛みをもたらします

その痛みは常にズキズキするほど辛く、痛み止めを飲んだとしても完全な解消は不可能でしょう。虫歯が重度段階まで進行した状態だと既に歯は原型を留めておらず、そこに歯があるかどうかさえ分からなくなっているでしょう。そうなると治療しても抜歯が必要で、虫歯の進行によって歯は完全にその機能が失われてしまいます

抜歯で抜歯するしかないと
言われた方へ

歯はまだ残せるかも

抜歯せずに済む可能性があります

歯の神経にまで達してしまった重度の虫歯や、歯を支える歯茎がダメージを受けた重度の歯周病にかかったときに、他院では抜歯をすすめられることがあるかもしれません。

しかし精密治療を行えば、その歯はまだ残せるかもしれません。是非一度ご相談ください。

歯がなくなってしまった

奥の歯が倒れてくるイメージ

歯がないまま放置してしまうと

歯がないまま放置していると、前後の歯がそのスペースに移動してきます。倒れた歯の根元部分や隙間が空いた歯と歯の間には汚れがたまりやすく虫歯や歯周病になってしまいます。また、そのまま放置するとさらに奥の歯が倒れてきて、かみ合わせが徐々に崩れていきます。

また、その歯と噛み合う歯が空いているスペースに伸びてきます。歯が伸びてきて下の歯に当たると顎全体がずれていきます。

また歯が伸びてきた後に治療を行うと、スペース確保のために、伸びてきた歯を削り短くする必要が出てきます。状態によっては根管治療を行い、歯を大きく削ることもあります

虫歯治療の選択肢

クラウンレングス

クラウンレングス

クラウンレングスニングとは、歯冠延長術とも呼ばれる歯茎の処置の治療法です。

虫歯が進んで歯茎の上に出ている歯の部分(歯冠)がほとんど無くなって、歯の根(歯根)の方まで虫歯がすすみ、歯茎が覆いかぶさった状態になってしまうと、通常の虫歯治療では、歯に土台が作れないため、抜歯になります。

しかし、クラウンレングスニングで、歯茎を少し下げて、歯茎の下にある根を露出させると、露出した根に土台を立てることが可能になるので、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るのです。

エクストリュージョン

エクストリュージョン

エクストリュージョン法は、歯根挺出術とも言い、矯正治療の1つです。

歯茎の下にある歯根を歯茎の上に露出させることにより、かぶせ物の「土台」を立てることが可能になります。

歯牙移植

歯牙移植

何らかの原因で抜歯せざるを得なくなった場合、抜歯したところを補う方法のひとつに、「自家歯牙移植」という方法があります。

自家歯牙移植(歯の移植)とは、親知らずなどのかみ合わせに関与していない自分の歯を他のところへ移植する治療法です。自家歯牙移植をすることで、状態がよければ10年、20年と長期にわたって自分の歯を使い続けることができます。